最強イモリのゲーム速報

ゲームやアニメに関する、まとめサイトです。


「フォーエバーブルールミナス」は海中探索がより自由に楽しめるとても魅力的なゲームだ。ダイバーとして海底の美しい景色を堪能することができるので、海の中に潜って冒険したい人にはおすすめだ。


【2024/05/02】名無しのダイバー
発売日に買ったけど、海中探索がマジで癒される。ダイバー仲間との一期一会もいい感じ。


【2024/05/04】名無しの海洋生物博士
500種類以上の海洋生物がいて、アンベールするたびに新しい発見があるのが楽しい!


【2024/05/06】名無しのフリーダイバー
自由に海を泳げるのが最高。ストーリーモードもいいけど、自由探索モードが本当の醍醐味だな。


【2024/05/08】名無しのプレイヤー
オンラインで30人と一緒に潜れるのが新鮮。みんなで協力して海を探索するのが楽しい!


【2024/05/10】名無しの古代生物ファン
絶滅したはずの古代生物がいるエリアがあって、そこは特にドキドキする。未知との遭遇って感じ。

【ダイバーになって海中を探索『フォーエバーブルールミナス』水中世界を楽しむゲームの魅力!】の続きを読む

  • カテゴリ:

『エルミナージュORIGINAL』は、その難易度の高さやプレイヤーの選択によって物語が変化するシステムなど、独自の要素があります。Steamで日本語版の登場することで、新たなプレイヤーもその魅力に触れることができるでしょう。




1. 【2024/05/10】名無しの冒険者
エルミナージュ来たこれ!Steamで遊べるのは嬉しい限り。キャラメイクからダンジョン探索まで、昔ながらのDRPGの良さを感じるぜ。

2. 【2024/05/11】名無しの盗賊
レベル26で盗むスキルが使えるようになるんだって!敵の装備をガンガン奪っていくのが楽しみだわ。

3. 【2024/05/12】名無しの錬金術師
鉱石を使ったアイテム強化が面白そう。錬金術師でパーティの可能性を広げていきたいな。

4. 【2024/05/14】名無しの戦士
物理攻撃力アップで敵をぶっ飛ばす!戦士のシンプルな強さがいいよな。

5. 【2024/05/16】名無しの魔術師
魔術師の呪文強化って、レベルが上がるほど強くなるのか。上級職を超える爆発力を見せてやる!

6. 【2024/05/18】名無しの巫
敵の魔法を反射できる巫って、めっちゃカッコいいよな。魔法使いの天敵だぜ。

7. 【2024/05/20】名無しの探索者
ジュエルリングから始まって、神々の指輪を求める旅が楽しみだ。高難度ダンジョンにも挑戦してみたいぜ。


【メビウスが贈る『エルミナージュORIGINAL』日本語版、Steamで遊べる!】の続きを読む


歴代付録や原画200点が一堂に!「花とゆめ」展覧会開催中


創刊50周年記念の展覧会、絶対に行きたいです!アニメ化された作品や名シーンの原画を見ることができるなんて、ファンにはたまらないイベントですね。

5月に創刊50周年を迎える少女漫画誌「花とゆめ」(白泉社刊)の歴史をたどる展覧会「創刊50周年記念 花とゆめ展」が、5月24日6月30日に六本木ヒルズ森タワー52階の東京シティビューで行われる。

同展は、「花とゆめ」を彩ってきた漫画「ガラスの仮面」「パタリロ!」「動物のお医者さん」「ぼくの地球を守って」「赤ちゃんと僕」「フルーツバスケット」「花ざかりの君たちへ」「暁のヨナ」などの原画200点、歴代の付録などが展示され、作家の仕事場紹介、「花とゆめ」の世界観にひたれるフォトスポットなども設置される。

さらに、下野紘島崎信長がパーソナリティーを務める「花とゆめ男子会!?らじお」とのコラボ企画として、同展の音声ガイドを下野と島崎が担当する。音声ガイドの料金は800円(税込み)。

前売り券(日時指定券)は、ローソンチケット、東京シティビューオンラインチケットで6月30日まで発売中。一般券は平日2000円、土・日・祝日2200円、学生(高校・大学生)は平日1500円、土・日・祝日は1600円、子ども(4歳~中学生は平日800円、土・日・祝日は900円、シニア(65歳以上)は平日1700円、土・日・祝日は1900円。さらに、非売品のスペシャルポーチとチケットファイルが付属する50周年記念グッズ付きチケット(5000円/日時指定券)や、平日ナイトペアチケット(ペアで3000円)なども発売されている。
※障がい者手帳をお持ちの方とその介助者(1名まで)は無料。
※3歳以下無料
※50周年記念グッズ付きチケット、平日ナイトペアチケットは数量限定、枚数に達し次第販売終了。

同展ではこのほか、展覧会オリジナルグッズやブランドとのコラボ商品が発売される

展示内容やチケット詳細などは、公式サイトで発表されている。


■展示作家一覧
美内すずえ、山岸凉子、和田慎二、三原順、神坂智子、魔夜峰央、高口里純、酒井美羽、愛田真夕美、野妻まゆみ、野間美由紀、柴田昌弘、佐々木倫子、山内直実、河惣益巳、日渡早紀、星野架名、川原泉、山口美由紀、神谷悠、那州雪絵、遠藤淑子、立野真琴、加藤知子、由貴香織里、喜多尚江、藤田貴美、立花晶、羅川真里茂、武藤啓、山田南平、藤崎真緒、高屋奈月、望月花梨、仲村佳樹、中条比紗也、松下容子、日高万里、樋口橘、絵夢羅、高尾滋、サカモトミク、冴凪亮、福山リョウコ、藤原規代、菅野文、木内たつや、南マキ、イチハ、西形まい、椿いづみ、ふじもとゆうき、椎名橙、草凪みずほ、水森暦、松月滉、伊沢玲、鈴木ジュリエッタ、音久無、こうち楓、ミユキ蜜蜂、平間要、友藤結、師走ゆき、幸村アルト、堤翔、赤瓦もどむ、惣司ろう、柚木色、千歳四季、安斎かりん、sora、柴宮幸、サカノ景子

※展示作家は変更となる場合がある。

「創刊50周年記念 花とゆめ展」5月24日~6月30日に開催


(出典 news.nicovideo.jp)

【歴代付録や原画200点が一堂に!「花とゆめ」展覧会開催中】の続きを読む

このページのトップヘ