国際


2023年のアメリカ動画業界の動向が気になります。テレビの未来とは言えないかもしれませんが、ストリーミングのビジネスモデルは今後ますます注目されるので、そこにテレビ業界の可能性があるのかもしれません。

【【激動】2023年アメリカ動画業界から見る「テレビの未来」─テレ東経済WEEKで話題になる従来型テレビとストリーミングのビジネスモデルとは?】の続きを読む


日本企業の約3割が70歳まで雇用、中国ネットがうらやましさを口に!?


日本企業が70歳まで雇用していることに羨望の声が広がっているようですね。これは、労働者の経験と知識を最大限に活かすための取り組みと言えるでしょう。

2023年12月25日、中国メディアの頭条新聞は、日本で70歳まで働ける企業が全体の3割近くに達していることが日本政府の統計で明らかになったことを報じた。

記事は、厚生労働省が22日に発表した今年の高齢者就業状況調査の結果について、定年退職年齢の延長や継続雇用などの制度を導入する企業がますます増えており、70歳までの就労を認める企業の割合が全体(従業員数21人以上の企業23万社余り)の前年比1.8ポイント増の29.7%となったことが分かったと紹介した。

また、全体の23.5%が継続雇用制度を導入し、3.9%が定年退職制度の廃止、2.3%が定年退職年齢の引き上げを実施したと伝え、年齢層別の就業人口は60〜64歳が約262万人、65〜69歳が約130万人、70歳以上が約93万人に上るとした。

その上で、日本では21年4月に改正高齢者雇用安定法が施行され、企業による高齢者の就業機会確保が義務付けられていると紹介した。

この件について、中国のネットユーザーは「中国の農村じゃ70歳になっても畑を耕して生活してる」「本当に働けなくなるまで仕事をしろってことだな」「もういっそのこと100歳まで延長してしまえばいい」「はっきり理解しておくべきは、『働く意思がある人は、70歳まで働ける』ということであり、必ず70歳まで働かなきゃいけないということではない」といった感想を残している。

また、中国の現状と照らし合わせ「日本企業には終身雇用制があるからうらやましい。中国の会社なんて35歳でバッサリ捨てるから」「日本人は70歳まで仕事があるのに、わが国では20〜30代でさえ仕事がない」と嘆く声も見られた。(翻訳・編集/川尻)

25日、頭条新聞の微博アカウントは、日本で70歳まで働ける企業が全体の3割近くに達していることが日本政府の統計で明らかになったことを報じた。


(出典 news.nicovideo.jp)

【日本企業の約3割が70歳まで雇用、中国ネットがうらやましさを口に!?】の続きを読む


ロボットによって「完全自動化したファーストフード店」がついに登場! | ニコニコニュース


「完全自動化のファーストフード店!これは革命的だ!注文から調理、提供まで全てロボットが担当とは驚きですね。これでスタッフ不足の問題も解消されるのかな。ただ、人間の温かさやサービスの質はどうなるのか気になりますね。」

多くの食堂やレストランで、注文を取るのは人間ではなく、タッチパネルです。

またファミリーレストランの「ガスト」で働く猫型ロボットが話題となったように、一部のレストランでは、配膳すらロボットが行うようになっています。

そしてついに、完全に全自動化した飲食店が登場することになりました。

2023年12月より、アメリカカリフォルニア州の都市パサデナに、世界初の完全自動化したファーストフード店「カリエクスプレス・バイ・フリッピー(CaliExpress by Flippy)」がオープンしたのです。

そこでは、注文が入ってからロボットが作る熱々のハンバーガーポテトを食べることができます。

詳細は、レストランロボット開発会社「Miso Robotics」の12月5日付の『プレスリリース』で確認できます。

目次

世界初の完全自動化ファーストフード店が誕生

私たちは、最近のAI・ロボット技術の発展を見て、「いつか人間の仕事はロボットに奪われるかもしれない」と、真剣に考えるようになりました。

そしてついに、調理が簡単なファーストフード店において、その未来予想が実現されたのです。

完全自動化したファーストフード店「カリエクスプレス・バイ・フリッピー(CaliExpress by Flippy)」
完全自動化したファーストフード店「カリエクスプレス・バイ・フリッピー(CaliExpress by Flippy)」 / Credit:Miso Robotics(YouTube)_CaliExpress by Flippy™(2023)

2023年12月より、完全自動化したサービスフード店「カリエクスプレス・バイ・フリッピー(CaliExpress by Flippy)」がオープンしたのです。

今のところメニューは3点(ハンバーガーチーズバーガーフライドポテト)だけですが、タッチパネルで注文すると、すべての工程をロボットが調理して、熱々のハンバーガーを提供してくれます。

ロボットが作った熱々のハンバーガーやフライドポテトが食べられる
ロボットが作った熱々のハンバーガーフライドポテトが食べられる / Credit:Miso Robotics(YouTube)_CaliExpress by Flippy™(2023)

ロボットが作ると言っても、それは冷凍食品の工場のようなものではありません。

単に完成品を温めて提供するのではなく、フライドポテトを油で揚げ、ハンバーグを焼くことまでしっかりと店内のロボットが行うのです。

一般的なファーストフード店で従業員が行っている調理を、そのままロボットが行い、出来立てのハンバーガーセットを提供してくれるというわけです。

パティを焼くロボット。これは21年に公開された試作品の動画のため動きは若干ぎこちない。
パティを焼くロボット。これは21年に公開された試作品の動画のため動きは若干ぎこちない。 / Credit:Miso Robotics(YouTube)_Miso Robotics – Flipping Burgers(2021)

例えば、ハンバーガーを作るロボットは、注文が入ると、高品質の牛肉(和牛)を挽いてミンチにし、パティを作るところから始めるようです。

そしてそのパティロボットが上手にひっくり返しながらグリルで焼くのです。

Miso Robotics社の2021年動画では、既にロボットグリル上のパティやバンズ、他の食材を見分けている様子を確認できます。

ロボットの視点(2021年)。グリル上のパティやバンズを見分けることが可能
ロボットの視点(2021年)。グリル上のパティやバンズを見分けることが可能 / Credit:Miso Robotics(YouTube)_Miso Robotics – Flipping Burgers(2021)

またフライドポテトを作るロボットは、ポテトフライヤーに投入して調理します。

そしてポテトが十分に揚がると、ロボットアームが、まるで人間のようにバスケットを上下に振って余分な油を切ってくれます。

ポテトも全自動で揚がる
ポテトも全自動で揚がる / Credit:Miso Robotics(YouTube)_CaliExpress by Flippy™(2023)

もちろん、世界初の全自動ファーストフード店とはいえ、人間の従業員が全くいないわけではありません。

最新の紹介動画では、盛り付けの時など調理以外の部分で、人間がいくらか手伝っている様子を確認できます。

それでも基本的には、人間の従業員はロボットの調理をチェックしたり修正したりするために働いており、新しいお店は通常のファーストフード店よりもはるかに少ない人数で運営されます。

Miso Robotics社は、「従業員には平均以上の賃金を支払う」と述べており、このお店で働いてみたい人は多いかもしれませんね。

従業員の主な仕事は、ロボットの調理を監視すること。
従業員の主な仕事は、ロボットの調理を監視すること。 / Credit:Miso Robotics

完全自動化ファーストフード店「カリエクスプレス・バイ・フリッピー」は、2023年12月以来、完全予約制でオープンしており、その後、グランドオープンする予定です。

ロボットたちに一般的なレストランを任せることはまだ難しそうですが、今後ファーストフードレベルであれば、完全自動化されていく可能性はあるでしょう。

全ての画像を見る

参考文献

Fully autonomous restaurant set to open in Pasadena
https://newatlas.com/technology/miso-robotics-caliexpress-flippy-ai-restaurant/

World’s First Fully Autonomous, AI-Powered Restaurant Opening in Southern California
https://misorobotics.com/newsroom/worlds-first-fully-autonomous-ai-powered-restaurant-opening-in-southern-california/

Miso Robotics
https://misorobotics.com/

ライター

大倉康弘: 得意なジャンルテクノロジー系。機械構造・生物構造・社会構造など構造を把握するのが好き。科学的で不思議おもちゃにも目がない。趣味は読書で、読み始めたら朝になってるタイプ

編集者

海沼 賢: 以前はKAIN名義で記事投稿をしていましたが、現在はナゾロジーのディレクションを担当。大学では電気電子工学、大学院では知識科学を専攻。科学進歩と共に分断されがちな分野間交流の場、一般の人々が科学知識とふれあう場の創出を目指しています。

ロボットによって「完全自動化したファーストフード店」がついに登場!


(出典 news.nicovideo.jp)

【ロボットによって「完全自動化したファーストフード店」がついに登場! | ニコニコニュース】の続きを読む

このページのトップヘ